雨の日ってエモいよね

雨の日に聴くとエモい曲やらなんやらをつらつらと

愛はどこからやってくるのでしょう?

 

自分の胸に…

 

 

は、問いかけていない。

 

 

いや、でも、この曲真理をついてるなーと思うのですよ。

 

 

私はあるとき問うていました。

おじさんに問うていました。

心の中で。

 

 

ある日おじさんは言いました。

愛とは背負うもの、だと。

 

私はそれからずっと考えていました。

 

愛とは?

 

愛って何?

 

愛するってどういうこと???

 

 

 

そんなことを四六時中考えていたときに

このフレーズが頭を流れたのです。

 

 

わからないことだらけな中で、

ひとつだけ確かだと思うことが私にはありました。

 

それは、

 

自分が愛をもっていなきゃ

他人に愛を与えることはできない。

 

ということ。

 

この考えに至るまでもフローチャートのように

たくさんの思考の矢印を進めました。

 

そこは割愛するけど。

 

最近わかったことだけど、

まず、いちばんはじめに愛がうまれるときっていつかというと、

この世に生を受けたとき。

つまりは生まれたとき。赤ちゃん。

 

めっちゃわかりやすいと思うけど、

赤ちゃん産まれたら、両親はいわずとも

その親や家族や友達や親戚や、

たくさんの人がおめでとうって言いますよね。

 

おめでたいんです。

赤ちゃん。

 

赤ちゃんって、わたしたちと違って、

まだ、何にもないんです。

 

徒競走で1等賞になったことも、

英検に合格したこともなければ、

誰かにフラれたこともないし、

なんなら目もあいてないし

言葉を喋ることもできない。

 

なんにもない、まっさらな状態なんです。

 

そんななんにもない彼らは、

生まれたとたん、

なんなら生まれる前、姿形も見えていないときから、

無条件に愛されます。

 

両親によって。

その家族によって。

両親の大切な人々によって。

 

なんなら、道行く通りすがりの見ず知らずのおばさんによって。

 

彼らは、生まれただけで、

無条件に愛を与えられます。

 

そして、赤ちゃんは、

それらの愛とミルクによって育っていきます。

 

これが、愛がうまれる最初のとき。

 

 

最初って言ったけど、

その次っていうのはいつかわかんない。

 

そして、私のいう、

『自分が愛をもっていなきゃ』

というのはこのことをいいます。

 

それは、生まれたときから幼少期、

両親や周囲の人々にどれだけ愛を与えられたか

なのですね。

 

ここで、そう、

つまりは、

このとき、愛の量や重さ、ととりあえず表現するけど、

それが小さい、ないしは少ない、

人もいるってことですね。

 

そこでもう、お気づきかと思いますが(誰)

生まれてから幼少期に受ける愛は、

いわゆる『無償の愛』というヤツなのです。

 

なんにもしなくても愛される。

存在しているだけで愛される。

 

人間が、いちばん最初に

『愛とは何か』ということを、

このとき学ぶわけです。

 

当の本人は、

学んでる自覚なんて1ミリもないと思いますが。

 

そんな無償の愛を受け取り、学び、

愛を知る子供ができあがります。

 

はい、ここが序章です。

 

 

長くなりそうなので、

ここで一旦区切ります。

 

序章、愛が生まれた日。

 

 

次は、いつ書くかわかりません。

気が向いたら書きます。

まず前提としての愛、を語りました。

 

次では、その愛はこの世をどう循環しているのか。

それを語っていきたいと思います。(予定)

 

 

ご静聴、感謝します👋🏻

理想が高すぎるって話

 

 

理想が高い。

 

 

高身長〜高収入〜とかじゃなくて。

 

自分に対しての理想が高すぎる。

 

 

なんでも完璧にこなせるはずないし

時間も戻せるわけじゃない

 

1か100かみたいな極端なところがあって。

 

完璧になれないのなら、と1を選んで。

 

そんな1な自分にも嫌気がさして。

 

いっそのこと0にしてなくしてしまえば

楽なんだろうけど

それもできなくて。

 

現状の自分、そのときの自分に満足ができないから

他人と比べてはまた自分を落として。

 

何が何でも100にしてやる!

なんて風にもできなくて。

 

コツコツ積み上げていくようなことも。

 

 

欲張りで贅沢なのかもしれない。

 

そのときの自分を大切にして、

そのときの自分に合った努力をして、

長い目でみて頑張るべきなんだと思うけど。

 

たぶん、過去ばっかり見ちゃうのかな。

 

もっと早く出会いたかったとか。

 

そんなの言い出したらキリないのに。

 

 

周りを見渡してみれば、

自分よりも早くそれに出会っていた人

自分よりもそれに愛されている人

自分よりもそれをよく知っている人

 

そんな人ばっかりで、

自分の存在意義って???

 

って思って落ちてしまう。

 

本当は、自分が良いなら、好きなら、

それでいいはずなのに。

本当は、誰かと比べる必要なんかないはずなのに。

 

 

わたしは、確固たる何かが欲しくて

たまらないんだと思う。

 

それはなんだろう。

 

1番という数字か

パートナーという存在か

 

 

でも想像つく。

 

それを手に入れたら手に入れたで、

きっと他のものが羨ましくてたまらなくなるんだ。

 

わたしが手に入れたものって…

って思ってしまうんだ。

 

 

満たされる、ってどういうことだろう。

 

 

たのしくて、幸せだーって

充実してる!って思うことはある。

 

そんなときは、他人のこととか、

どうでもよくなって

わたしは今幸せだからそれでいい。

って思える。

 

でもふとしたときに、

他人の存在が見えてしまったり

またそこで何かと比べてしまって

 

【自分だけの世界】 

が崩れてしまう。

 

 

いつかこの無限ループから

解き放たれるときはくるのだろうか。

 

わたしの理想って、どこにあるんだろう。

 

 

過去を全部変えたい気持ちになることもある

 

 

そんな完璧な世界ってあるのかな?

そんなのつくることができるのかな?

 

 

今の自分も、

今まで歩んできた過去の自分も、

ぜんぶ愛することができるようになったなら、

わたしは何かを手に入れることができるのだろうか?

 

 

 

そんな話。

 

 

 

 

 

 

 

 

高円寺の先輩から連絡途絶えて

 

 

借りたばかりで読んでいないの

“What's Michael?”

 

 

この一文だけで雰囲気がつくられる

こういうところが素敵です、

YUKIのポートレイト

 

固有名詞が出てくる曲は間違いなく名曲だという偏見、

あるよね。笑

 

 

YUKIだと他にも

 

“待ち合わせはローソンで

おにぎりを2つ買って家”

 

というフレーズが2人のストーリーにあったり。

 

以前、宇多田ヒカルが歌詞に

“日清CUP NOODLE”

というフレーズを入れていて、

固有名詞を入れちゃうとラジオやテレビで

流せなくなるから、といって反対されたけど

ここにはこれがハマるから

どうしても入れたい!ということで

押し切ったという話もあった。

 

それほどに、歌詞に出てくる固有名詞というのは

リスナーをぐっと具体的なイメージに引き込むことができるもの

なんだと思う。

 

それは固有名詞そのものが他には代え難いものだったり、

語感が良いということだったりすると思うけど、

書く側も『これしかない!』

っていう気持ちがあるから、

書き手と受け手で同じイメージを共有できる。

 

人名やバンド名が出てくるのもいいよね。

 

わたしは聴いたときに映像が浮かぶような曲が好きだけど、

固有名詞が出てくる曲では、

個人的で抽象的なそれよりも

もっと皆が共通して浮かぶ雰囲気があるよね。

 

他にも人名や固有名詞が出てくる曲は

たくさんあると思うけど…

 

ちょっと探してプレイリストつくりたいかも!

 

 

YUKIのアルバム【 FLY 】から

【ポートレイト】でした。

 

 

 

なぜ風邪をひくのか

 

3月が終わる。

 

ということは2018年度も終わる。

 

この最後の一週間といえば、

風邪をひいておりました。

 

ここ3年くらいか、

季節の変わり目には必ず風邪をひくように

なってしまったのだ。

 

小さい頃は喘息もあったりして

体調を崩すのは珍しくなかったし、

保健室もよく行っていたけれど、

高校に上がったくらいからかなあ。

 

めったに体調を崩すことはなくなりました。

 

今の仕事を始めてからも、

風邪をひいて声がガラガラになっている

ひとを横目に、

わたし、風邪、ひかないなあ。

と思ってました。

 

事実、体調不良で仕事を休んだことがない。

 

ただ、バリバリ元気というわけではなく、

ちょっと具合が悪くても、

頑張ってやってただけ笑

 

寝込むほどの風邪はない。

ということ。

 

 

それが最近、決まったパターンで

風邪をひくようになったのだ。

 

喉の痛み。鼻水。鼻づまり。37度ちょっとの熱。

 

なんか喉痛い。

と思ったら、それからあれよあれよというまに

鼻がやられ、風邪!になる。

 

これ、どうやら扁桃腺らしい。

 

いわゆる扁桃腺が腫れる、という…

 

扁桃炎になるのかな?

 

昔は扁桃腺って???ってかんじだったのに。

 

今はもう、口のほうまで腫れがきてるのが

すごくわかって、唾を飲み込むと痛いどころか

何をしてなくても痛い。

 

そしてやまない鼻水の雨と、鼻づまり。

 

両鼻ぴっちり塞がる。笑

 

鼻が詰まってるから口呼吸になり、

口呼吸なので喉が乾燥し更に痛み…

 

 

病院に行って薬ももらったけど、

何度か繰り返しわかったことは、

 

やっぱひととおりこの波をこえなきゃ

終わらない。ということでした。

 

薬飲んだり何したところで、

この一連のプロセスを止めることはできないのだ。

 

 

地獄のようでした。

 

 

息できなくて苦しいんだもん。

 

そしてなにより地獄なのは、

昼間は目に見える症状は抑えられている、

ということ!!

 

昼、なぜか鼻水もでないし鼻も通る!!笑

 

乾燥で咳が出るのと、鼻声なくらい。

 

熱もあってしんどいけど、

それは外には伝わらないから、

軽症だと思われる。

 

そして仕事が終わって家に帰ると、

鼻水ドバドバ、息できない。

涙も出る。口鼻周辺が死ぬ。

 

さっさと寝ようと思って顔を洗うが

鼻水がたれて顔に塗りたくることに。(おえ)

 

家ではティッシュが永遠に手放せないのです。

 

寝るのも苦しくて…

寝てる途中に息詰まって死ぬんじゃないかと

心配になるくらい。

 

でも、朝になって、

身支度を済ませて、会社につくと

鼻が通ってるんですよねえ…笑

 

 

なんて都合の良い体なの!!!

 

 

頑張って仕事してるのに、

誰にもわかってもらえず、つらいです。

つらいんです。笑

 

たぶん、喉の腫れを感じて、

あ、来る!

と思ったときにはもう遅いんだろうな。

 

扁桃腺、手術でとるしかないのだろうか。

 

噂によるとけっこう痛いらしい。

 

とってしまって、不都合は困ることは

ないのかな???

 

わたし、慢性的な極度の運動不足なので、

そこを改善したら、風邪にも

強くなるんじゃないかな?と思ってるのですが

 

手術を考える前に、

やっぱり運動ですよね。

 

肌荒れとか、ヘアケアとか、

疲れやすい、汗かきやすい、とか、

 

そのへんの悩みはすべて運動不足のせいだと

やっと最近わかりました。

 

運動を習慣にして、

体を動かして汗をかくと

今までお金や労力かけて改善しようと

悩み続けていたことが

パッと良くなる気がします。

 

 

あとは有言を実行するまで。笑

 

 

来年度、運動、するぞー(棒)

 

 

 

 

アウトプットとフィードバック



ブログを再開する。


という意気込み。



なんせアウトプットが下手だ。

ということに気づき、

『アウトプット大全』たる本に

たどり着きました。


とにかくアウトプットすること、

そして必ずフィードバックもすること。


形にこだわりすぎて、

綺麗なものにしようとしすぎて

アウトプットができないわたし。


とりあえずなんでもいいからアウトプットだ!


ということでブログを書く。



わたしが中学生の頃は

モバゲーが流行っていて、

友達とホームページとか開設して、

日記のような文を書くのは

慣れてたと思うのだけれど。


高校からはTwitterが流行りだして、

今までSNSはほぼTwitterしかしておらず

アウトプットは短文ばかりに

なってしまっていた。


だからいざブログを書こうとすると

めちゃめちゃ難しい。


Twitterに慣れすぎてしまった。



今年になってから、

スケジュール帳に短く日記をつけていて、

それはいまのところ続いている。


でも秘密のスケジュール帳とブログじゃ

わけが違うから…


全世界の人に見られても良い文章で

個人的なことを書くって難しい!



でも、今年はやりたい。


ブログ、インスタ、読みかけの本、

買っただけで満足する雑誌、

溜まった写真、思い出の品。


全部アウトプットだ!!


下手でも、汚くてまとまってなくても、

わたしは今年アウトプットするのだ。


アウトプットのリハビリ、ということで


まずはブログを習慣にしていこう。



不思議なことにTwitterだと

書きたいことが溢れて

140字じゃ収まらないのに。


ブログになると、

どうやって書けばいいかわからなくなる。



昔考えていたことで、

人って自由すぎるとどうしたらいいか

わからなくなる。ということ。


校則や法律、ルールの枠の中で

自分を表現する癖がついている。


それが何もなくなってなにもかもが

自由になったら…


わりといま、その状態に

近いのかもしれない。



いろんなことをたくさん考えていて、

それを無駄にしないために、

もっともっと良い自分になるために、

ちょっとずつ、アウトプットしていきます!!